☞ お得なオータムキャンペーン開催中!

糖尿病の母がシックスパッド・フットフィットプラスを1年使った結果は?

フットフィットは糖尿病に効果があるのか?1年間使った結果

まず最初に、SIXPAD EMS(筋電気刺激)による糖尿病患者への予防・改善の効果は研究によって証明されています。

EMSは糖尿病予防・改善に有効|SIXPAD理論の森谷教授がついに証明

では、実際に糖尿病である60代母がシックスパッド・フットフィットプラス(SIXPAD Foot Fit Plus)を1年使ってみてどうだったのか?

この記事ではそのからだや数値に現れた変化と、失敗談を紹介します。

(半年間使ったときの効果検証はこちら

\ 最新モデル「Foot Fit Plus 2」登場!/

フットフィットプラス購入から1年。効果は?

フットフィットで「運動嫌い」は改善された?

糖尿病で運動嫌いの母がフットフィットプラスを1年使用

本人は大の運動嫌い。かかりつけの先生からは再三「運動すること」と忠告されていました。

当初は、フットフィットプラスを使うことで、ウォーキングや運動を好きになるきっかけになればと思っていました。が、この1年は振り返ってみるとそう簡単にはいきませんでした。(それくらい出不精なのです)

しかし、ひとつ良いことが。

孫(私の子供)が遊びに来たとき、積極的に外で遊んでくれるようになりました以前はとにかく膝や腰、下半身のどこかを痛がっていて子供たちについていくのにやっとだったたので、これは大きな変化だと思います。

本人いわく、「ふくらはぎにかなり筋肉がついたように感じる!とのことです。

母

運動は苦手だけど孫たちとは遊びたい!

これからも子供たちを追いかけられるように元気でいます♪

ヘモグロビン数値の変化

糖尿病の母がフットフィットを1年使ったらヘモグロビンエーワンシーに効果は?

フットフィットプラス購入前、母のヘモグロビンA1c数値は6.4でした。

ヘモグロビンエーワンシーとは、糖尿病の判定基準のひとつで5.2以上は要注意なのです。

実は以前コロナ禍で母が5キロ痩せた時があったのですが、実はこれだけ痩せた時でもこの数値は改善されなかったのです。

60代母がSIXPADフットフィットプラスを購入した理由

しかし、1年経った今、その数値が5.9に改善されました。

母

こんなに改善したのは初めて・・!

フットフィットを続けたおかげ?

運動嫌いでウォーキングさえしていなかった母。継続していたことといえば、

  • 健康的な食事(これは以前から)
  • フットフィットのトレーニング
  • 孫と遊ぶ

この3つです。健康的な食事をとり、フットフィットの筋トレ+孫との追いかけっこがいい運動になっていたのかもしれません。

日常生活への効果

フットフィットで前すねを鍛えたらつまづきが改善

日常生活の動きにも違いが現れました。

一番はつまづきがなくなったこと。これは購入して数ヶ月使っていく中で本人が一番実感してようです。

Foot Fit Plus(フットフィットプラス)を6ヶ月使用した結果|ビフォーアフター写真も公開!

また、娘の私から見て感じる変化はすり足の改善です。以前は膝や腰が痛いのか、まだ60代なのに「おばあちゃん歩き」のように小股でとぼとぼ歩く姿が娘ながらショックでした。でも、今はちゃんと足が上がっています。

これは前すねが鍛えられた効果だと思います。

FootFitPlusの効果がある筋肉の役割とは?SIXPADフットフィットプラスが鍛える足裏・前すね・ふくらはぎ・太ももの筋肉の役割とは?
私

実は私も前すねへの効果は実感

以前はヒールのある靴を久しぶりに履くとすねが痛くなっていましたが、フットフィットを使い始めてからは足が疲れにくくなりました!

継続できていなかった残念ポイント

太ももベルトを巻く手間

フットフィットプラスのデメリットは太ももベルトを巻く手間
フットフィットプラスの「ももベルト」

実は、母は途中から太ももベルトをあまり使用しなくなりました。

理由は「面倒」だからです。

冷え性なので長ズボンを履くことが多いので、それを脱いでベルトを巻く、という作業が手間だったようです。

せっかくフットフィットよりも2万円ほど高いフットフィットプラスを購入したのに、、と私は何度も

「勿体ないよ」「ベルトも巻いてね!」

と口出ししていましたが、しばらくするとまたベルトなしのトレーニングに戻っていたみたいです。

母

でも、ベルトなしのフットフィット本体のトレーニングだけは継続できたのよ♪(笑)

毎日のことなのでこればかりは本人次第。太ももまでしっかり鍛えたい!と意志が強い人であればフットフィットプラスは絶対おすすめですが、面倒くさがりやさんはベルトなしタイプがいいかもしれません。

▼ベルトなしの最新モデル「Foot Fit 2」はこちら▼

トレーニングレベルを上げていない

母はこの1年間、トレーニングの負荷をあまり上げていませんでした。しかし、トレーニングは負荷を上げることで効果が期待できると考えます。

実際私も、普段より少しフットフィットのレベルを上げることで、より効果的に鍛えられることを実感しました。

SIXPAD Foot Fit Plusの効果的な使い方SIXPAD Foot Fit Plusを半年間使ってわかったより効果的な使い方

本来であればレベルを強くしてことで筋肉も強化されていくでのでしょうが、本人いわく

  • 「強くするのが怖い」
  • 「(マッサージ感覚だから)強くしなくていい」

とのこと。娘の私からすると、せっかく継続するならレベルを上げながらどんどん鍛えて鍛えてほしかったです。

まとめ

糖尿病をもつ60代母が1年間フットフィットプラスを使ってみた様子や効果をまとめます。

  • つまづき、すり足が明らかに改善
  • 膝を痛がることが減った
  • 運動嫌いはなおらなかったが、孫と元気に遊べるようになった
  • 太ももベルトは面倒で使わないことが多い
  • 本体(=フットフィット)はほぼ毎日継続できた
  • トレーニングレベルを上げればより効果は期待できそう

太ももベルトをしっかりと継続できていなかったことは残念ですが、フットフィット本体だけはほぼ毎日継続していたことで、多少なりとも効果はあったようです。

母のように

  • 運動のきっかけがほしい
  • シックスパッド・フットフィットを試してみたい

という方は、価格的にも一番お手頃なフットフィットライト(Foot Fit Lite)がおすすめです。リモコンも付属されているので高齢者にも人気です。

▼ シリーズ人気No.1「Foot Fit Lite」▼

もし、最新機能が搭載されたモデルがいい方は「フットフィット2(Foot Fit 2)」がいいでしょう。レベルも20段階から25段階へパワーアップしています。

この2つの違いについては、「フットフィットライトとフットフィット2の違い」を参考にしてください。